早稲田アカデミーで成績を上げるコツ

早稲田アカデミーでどんどん成績を上げましょう!

「中学受験に迷っているなら早稲田アカデミー!」

前回もお話ししたように早稲田アカデミーは高校受験で特に実績を上げている進学塾です。

小学生の時期から高校受験コースもある進学塾なので、
長いスタンスで成績を上げる事ができると言うメリットがあります。

中学受験と言うのは子どもの発達段階にも関わるもので、
小学校高学年になってもまだ受験できる状態ではない子どももいるわけです。

そう言った子どもには中学受験のために成績を上げる事は難しく、
高校受験に先送りした方が良い結果を生む事が多いのです。

首都圏で言えば開成にしても筑駒にしても中学受験より高校受験の方が狭き門ですが、
子どもにとって中学受験より高校受験の方が難しいとは限らないわけです。

ただ、それを見極めるのは難しく、「中学受験で失敗したから高校受験を頑張る」と言う事ではモチベーションも上がらず、当然成績を上げる事が難しいのです。

早稲田アカデミーでは、小学1年生からコースがありますが、5年生・6年生では公立進学と中学受験のコースに分かれます。

公立進学のコースでは、高校受験で実績を上げている早稲田アカデミーのノウハウを持って高校受験のために成績を上げるわけです。

我が子が今の段階で中学受験に向くか向かないかと言う事で悩むなら早稲田アカデミーがお勧めですね。

早稲田アカデミーでは現在夏期講習が行われています。

夏期講習は学年によって違いはあるものの3ヶ月分の学習量に匹敵するそうです。

まずは、学校の成績を上げるためや、早稲田アカデミーを体験するために利用する事も良いのではないでしょうか。

「早稲田アカデミーは問題の取捨選択!!」

早稲田アカデミーと言うと、中学受験より高校受験での実績が高く、
小学生から高校受験を目指すコースもあるそうです。

中学受験に関して言えばサピックスなどに比べると少し後れをとっている感があるのですが、その早稲田アカデミーで中学受験するために成績を上げるにはどうすれば良いのでしょうか。

今回は西村則康氏が代表をつとめる「名門指導会」の「大手塾別成績の上げ方」というサイトで早稲田アカデミーを利用して成績を上げる方法について調べてみました。

西村氏と言えば前回ご紹介した「かしこい塾の使い方」でも主任相談員になっている方で、塾ソムリエとしても有名です。

西村氏によれば早稲田アカデミーは大量演習・大量宿題の典型と言うべき塾なのだそうです。

前回もお話ししたように熱血でとにかく「根性で頑張れ!」というような塾なので、
精神的にたくましい子やもともと処理能力の高い子どもは、
よりたくましくなり成績を上げる事もできるのだけど、
そうでない子は宿題をこなす事だけで精いっぱいになってしまうのです。
確かにこういう面を見ると、早稲田アカデミーが高校受験では実績をものすごく上げているのもうなずけます。

高校受験をする頃になれば、そういった精神力や体力がついて、
こういう勉強にもついて行ける子どもが増えるからです。

ただ、小学生が早稲田アカデミーで成績を上げるのはなかなか難しいわけです。

西村氏によれば成績を上げる事ができない子どもはよくわかっている問題もそうでない問題も同じように家庭学習をするため時間の無駄が多いという事です。

今できる様にしておかなければならない問題を最優先にする事が成績を上げるポイントだと言う事です。

「早稲田アカデミーの熱血について行けない場合の対処法」

熱血で知られる早稲田アカデミーは最近実績を伸ばしているようです。

「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」によれば中堅校に強かった早稲田アカデミーが最近上位校の合格実績も伸ばしているようです。

早稲田アカデミーは以前にもお話ししたように、高校受験ではもともと大変高い実績を誇っていました。

いわゆる御三家も中学から入学するより高校受験の方が難しいと言われていますが、
常に実績はトップクラスです。

その実績をもとに、中学受験のクラスはもちろんですが、
小学生から高校受験のクラスを指導しているのも特徴です。

確かに子どもによっては中学受験に向かず、
そこで頑張っても成績を上げる事ができない場合、
考え方を変えて高校受験に向けて早くから対策をして成績を上げると言う方法もあるわけです。
さて、では中学受験に関してはどうなのでしょうか。

早稲田アカデミーは熱血というだけでなく、宿題の量でも有名です。

大手の進学塾では宿題が多いのは当たり前ではありますが、
早稲田アカデミーは「やればできる!」「頑張れ!!」と言うスタイルですから、
気持ちの面でついて行けない子どももいるわけです。

もちろん大量の宿題をこなして成績を上げる事ができる子もいるわけですが、
「こなす」事に精一杯と言う生徒も少なくなく、当然成績を上げる事ができずやる気まで失ってしまう場合もあるのです。

「かしこい塾の使い方」によれば、早稲田アカデミーの4・5年生は、
「問題を消化する習慣をつけない」「できていない問題ばかりを何度も繰り返しさせない」と言う事が成績を上げるポイントとなるそうです。

「早稲田アカデミーは高校受験に向けて成績を上げる!」

東大合格者を見ると圧倒的に多いのが私立・国立の中高一貫校出身者です。
都府県立、市立の高校の中だと都立難関校がベスト20になんとか入っている程度です。

この傾向は国公立難関大学に多く見られる傾向で、
特に国公立医学部は顕著だと言う事です。

つまり、国公立難関大に入学したいために、中学受験すると言う事なのです。

実際、私立の中高一貫校では高校入学があっても募集人数が少なく、
かなり難関だと言います。

そのために早稲田アカデミーの様な進学塾では中学受験に力を入れているのです。
ただ、実際には中学受験には向き不向きがあるのです。
高校受験ともなるとどの子も自分自身で学習する事ができますが、
中学受験の時期にはまだ難しい子もいます。
中学受験のために成績を上げる事ができないのです。

これは頭の良し悪しではなく発達の問題ですので待つしかありません。

もちろん、発達を促すという取り組みもあるでしょうが、
高校受験で中高一貫校を目指しても良いわけです。
つまりは高校受験に向けて成績を上げる事を考えるのです。

早稲田アカデミーは中学受験でも実績のある進学塾ですが、
高校受験で難関私立合格の実績が高い事で知られています。

早稲田アカデミーは小学生の頃から高校受験を目指し成績を上げる方法です。

早稲田アカデミーには小6から高校受験に向けて成績を上げるというカリキュラムのコースがあります。

早稲田アカデミーでは小6の段階で、公立中高一貫校を目指すコース、公立中学に進学するコース、難関高校を目指すコースがあり、それぞれに成績を上げる方法が異なると言う事です。

「熱血!早稲田アカデミーを選ぶ」

体育会系のノリで熱血指導が有名な早稲田アカデミーでは、
塾の雰囲気が合わない生徒は成績を上げる事が難しいようです。

「特訓」と言うものに肉体的にも精神的にもついて行けるかどうかを考えて塾選びをしないと、
早稲田アカデミーでは成績を上げる事が難しいでしょう。

早稲田アカデミーでは今月末からのゴールデンウィークにも特訓授業があり、夏合宿、お正月にも特訓授業があると言う親としてはありがたい塾なのですが、
この授業時間の多さ、しつこいくらいの面倒見の良さを「きつい・・」と感じる子どももいるのです。

さて、そんな早稲田アカデミーに入塾した、でも成績を上げる事ができないという時はどうすれば良いのでしょうか。

今回は「中学受験家庭教師 アクセス」の早稲田アカデミーで成績を上げる方法について調べてみました。

早稲田アカデミーで成績を上げるにはまずは宿題の取捨選択だと言う事です。

先ほどもお話ししましたが、塾での拘束時間が長い上に宿題の量が多いので、
家庭学習が中途半端になる事が多いのが早稲アカの特徴です。

そのため塾の宿題の取捨選択をする事によって学習を効率化する事が重要と言う事なのです。
まずは無駄をなくし厳選された行うべき宿題に全力を注ぎます。

アクセスでは事前に塾の指導内容でわからなかったところはフォローし、
厳選された学習内容の完全理解を目指します。

また、厳しい塾の雰囲気に付いて行くために、学習面だけでなくメンタル面のフォローも行うと言う事です。

早稲田アカデミー定期試験対策講座

今回は早稲田アカデミーの定期試験対策講座についてお話ししたいと思います。

中学校で成績を上げるにはまずは定期テスト対策でしょう。

また、高校受験の事を考えても入試対策のために内申点は重要なのです。
定期テストの成績を上げる事はそのまま内申対策になるわけですから、
中学校で成績を上げるにはまずは内申対策なのです。

小学校の長い6年間に比べると中学校はあっという間です。

次のテストでは成績を上げる事ができるよう頑張ろうと思っていても、
「次こそ・・」では時間はあっという間に過ぎてしまうのです。

まずは、第1回の定期テストで良い成績が取れる様に頑張る事が重要です。

早稲田アカデミーの中学生対象「定期試験対策講座」は5月・6月・10月・11月・2月に無料で実施されます。

早稲田アカデミーは地域密着型の進学塾なので近隣の中学校の定期テスト問題を分析し、定期試験対策教材を作成する事ができます。

学校別、出題範囲別なので成績を上げるためにより効果的な学習ができる様になっています。
対策講座では試験範囲の単元からテストに出されやすい問題や重要単元を早稲田アカデミーの講師が指導する形の授業です。
対策授業で扱われた問題がそのまま出る事も多く中学校での成績を上げる事ができるチャンスと言えるのではないでしょうか。
また、「定期試験対策講座」に参加すると「定期テスト必勝法~虎の巻~」ももらえます。
事前準備や各教科の学習法など、早稲田アカデミー講師からのアドバイスの載った冊子です。

「予習シリーズを分析!」

早稲田アカデミーのように四谷大塚の予習シリーズを使っているいわゆる「YTネット準拠塾」では、当然予習シリーズについて把握しておく事が必要です。

早稲田アカデミーで成績を上げるには、早稲田アカデミーのカリキュラムや教材について知っていなければならないのです。

反対に言えば、早稲田アカデミーをよく知って入塾しなければ成績を上げる事はできないのです。
中学受験ドクターのサイトでは早稲田アカデミーのような予習シリーズを使っている塾に通って成績を上げるために、予習シリーズの単元表と問題分析表を載せ、家庭でどんな勉強をすれば成績を上げる事ができるか書かれています。
PDFになっている自由に閲覧の物と会員専用の物がありますが、会員専用の物でも無料登録で全て見る事が可能です。
予習シリーズで、子どもに家庭学習をさせたいと考えている方には本当に参考になる物です。

一生懸命勉強しているのに成績を上げる事ができないと言う人が多い中、
効果のない勉強をやめ、勉強法を知ってやった分だけは成績を上げる事のできる学習法を身につけましょう。
学習法は偏差値ごとの違い、例えばaコースなら勉強量自体が足らない事が疑われ、まずは点数の取り方を知りやる気を出させる、その上で勉強習慣をつけさせる事が挙げられています。
これがbコースの生徒になると、勉強の質の向上を目指し、そのために「基本事項の理解とマスター」「インプット中心の学習」に切り替えるそうです。

Cコースになるとbコース以上に質の向上が求められ、点を取れる学習へ変えて行くと言う事です。

「早稲田アカデミーを知ろう!」

新年あけましておめでとうございます。

中学入試始まりましたね。
これからは受験会場で、進学塾の先生の熱い応援が見られる事でしょうが、
その中でも特に目立つのが早稲田アカデミーではないでしょうか。

早稲田アカデミーはハチマキをしめた生徒さんや熱い体育会系の先生たちに象徴されるように、塾と生徒の結びつきや想いが強い塾として知られています。

早稲田アカデミーは四谷大塚の予習シリーズをテキストとして使っているのですが、
教室対応に物足りなさを感じて早稲田アカデミーに転塾してくる人もいるそうです。

早稲田アカデミーではその面倒見の良さ、熱さが成績を上げる事につながっているのですが、それを負担に思い、成績を上げる事ができない生徒もいるそうです。

また中学受験の合格実績に関して言えばサピックスや日能研に比べても大きく水をあけられており、高校受験のように上手く成績を上げる事ができ合格に結びつける事ができていないという意見もあるのです。

まず、成績を上げるには早稲田アカデミーのこういった気質が合うか合わないかと言う事も重要になるのです。

また、中学受験に関して言えば最重要課題が志望校対策です。

成績を上げる→クラスアップ→合格のためには、
希望する志望校対策についてよく知っておく必要があります。

早稲田アカデミーでは志望校対策講座として「NNクラス」が開設されます。

志望校のNNクラスに入るためにクラス選抜テストで入室合格基準を超える事が重要です。

「早稲田アカデミーの宿題対策」

 

 

今回は、早稲田アカデミーに通う生徒の対策を行っている「代々木進学会」について調べてみました。

早稲田アカデミーでは、予習シリーズの他様々な教材を使い、
様々な講座も開かれており、成績を上げるにはその対策が必要です。

多くの子ども達は成績を上げるために宿題に追われているわけですが、
代々木進学会では、宿題に追われていたのでは成績を上げる事はできないと言っています。

宿題が多い事は早稲田アカデミーの特徴でもありますが、
ただ必死にこなしているのでは、成績を上げる事はできないそうです。
では、どうすれば早稲田アカデミーで成績を上げる事ができるのでしょうか。

まずは、宿題を分類する事が重要と言う事です。

どのように分類するかと言えば、
「今の時点でできなければいけない問題」
「今の時点でできる様にしておきたい問題」
「今の時点ではできなくても良い問題」の3つで、
この分類ができなければ、早稲田アカデミーの宿題の量で、
成績を上げるのは難しいそうです。

代々木進学会ではこの3つを分類し、学習の効率を上げて行きます。
特に2番目の「今の時点でできる様にしておきたい問題」をどのように判断するかが重要で、家庭教師のノウハウとともに、家庭とも連絡を密にしながら学習を進めて行くようです。

代々木進学会の早稲田アカデミー対策講座では、
毎回「YT対策」を行い、前回の結果を踏まえた弱点補強という両輪の指導を行い、クラスアップを目指して行きます。
ペース配分はもちろん、学習スケジュールを早稲田アカデミーのカリキュラムに対応させ計画的に学習を進めているのです。

 

「早稲田アカデミーのテストを活用する!」

 

中学受験の学習で成績を上げるにはインプットの学習だけではなくアウトプットの学習が重要です。

そのため早稲田アカデミーでも多くのテストがあるわけですが、
このテストも活用法をわかっていなければ成績を上げる事はできないのです。

早稲田アカデミーに通って黙々と勉強しテストを受けているのに成績を上げる事ができていない、どうすれば良いのか、早稲田アカデミーの指示に従っているのに・・・
と悩む人は多いようです。

今回は「個別指導ss-1」の早稲田アカデミーに通う生徒の悩み解決策を調べてみました。
週例テストで点は取れるのだけど、総合回や公開テストで点数が取れないと言う人が多いのです。

早稲田アカデミーでは、総合回のテストや公開テストでは範囲が広く、
全ての範囲を見直すには時間が足りず、結局点数が取れず成績を上げる事ができない人がいます。
週例テストで点数が取れるのに総合テストでは点が取れないと言う事はどういう事でしょうか。

これは、知識が定着していないと言う事なのだそうです。

週例テストの勉強を付け焼き刃でやり過ごしているために成績が上げる事ができないのです。

まずは学習に向かう姿勢など根本的な見直しが必要と言う事で、
手始めに総合テストの出題範囲の中で特に重要な単元について子どもに説明させると言う学習方法を取れると言う事を勧めています。

全てをやるのではなく、「できる限り」と言う事がポイントで、
自分で説明する事によって「わかる」と言う感覚を自分自身が気付くようになって行く事が目的です。

「わかる」事が学習の理解→定着につながるのです。

 

« Older posts